スポンサーリンク

ThinkPad E440のキーボードが壊れたので交換したよ

みなさん、こんにちは。

今回は、私の愛機?ThinkPad E440のキーボードが壊れて
交換した時の手順についてです。

ThinkPadは自分で交換できるようにLenovoが交換手順を公開しています。
しかしながら、これではわかりにくいので手順を書いて行きたいと思います。

こちらがヤフオクで買ったキーボード。
Lenovoで手に入れようと思ったが、わからなかった。

今回使用したドライバー

もう一つのドライバーはうちにあるものを使いました。

一応、キーとか確認しておきましょう。
こちらがThinkPadの本体です。

まずは、ひっくり返してバッテリーを外します。

キーボードフレームのロックを外します。
ドライバーを使った方が外しやすいです。

そしたら、裏返してキーボード下部の凹みをドライバーで軽く押しながら
奥にスライドさせます。
左右にあるので両方ともです。

すると、ネジが4ヶ所見えるので、ドライバーで緩めます。

キーボードを持ち上げてひっくり返しパームレストに置きます。
この時に強く引っ張らないで、そっとします。
本体とキーボードを繋げてる端子が見えますね。

端子が押さえてあるので、押さえを起こして端子を抜きます。

もう一つの方も同様にします。

両方、抜けました。

あらかじめズラしておいた新しいキーボードを用意します。

外した時と逆の手順で取り付けていきますよ。
端子は滑り込ませるように差し込むといいですよ。
差し込んだら押さえを倒して端子を固定します。

あとはキーボードをひっくり返して、はめ込んでネジで固定します。

最初に奥にスライドさせた時と同様に
今度は手前にスライドさせ、キーボードのラッチを
キーボードのベゼルの下に押し込みます。

元通りになりました。

本体をひっくり返して、キーボードフレームをはめてロックします。

バッテリーを付けて終わりです。
最後に動作確認を忘れないようにしましょう。
お疲れさまでした。

キーボードが壊れたので買い換えるにはもったいないと思う時は
交換に挑戦してみるのもいいじゃないでしょうか。
ただし、機種に依りますけどね。
今回のThinkPadは交換しやすかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ササキ より:

    こんにちは。
    大変参考になります。
    ありがとうございます。

    後半の工程で、
    〉キーボードをひっくり返して、はめ込んでネジで固定します。

    とありますが、
    パソコンにはめ込んだキーボードをずらしてネジを出す(固定する)事ができません。
    はめこんでしまって、ずらすことができないのですが、アドバイスいただけませんでしょうか?

    • tosaburo より:

      ササキさま

      コメントが遅くなり申し訳ありません。
      確か、キーボードをずらすのは、最初にキーボードを外すときと同じようにすれば
      ずれたと思います。
      よろしくお願いいします。